メイン | 2018年07月 »

2018年06月 アーカイブ

2018年06月01日

何故、そんなところ磨くの?



クルマ好きなら当たり前のことなのですが、「車 市場」スタートに際して
コンセプトでもある「旧車は綺麗に乗ろう」を実践したいと思います。
旧くて汚ければ「ただのボロ車」と見られるのは事実です。でも、ピカピカ
に磨かれて居たらどうでしょう? おお、この人は「クルマが好きなんだ!
さぞや価値のあるクルマなんだろう!と、思って貰えるのです。だから、と
云ってそれだけの理由では無く、純粋にクルマへの愛情を持って欲しいと思
い暇つぶしで遣っている掃除を紹介します。

見える所が綺麗なのは当たり前です。見えない所こそが愛情の証。
先ず、汚れの溜まるドアの下、ステップ(ここは絶対に足を掛けてはいけない)
を流し水で洗う。汚れが激しい時は中性洗剤(台所洗剤が良い)で優しく洗う
汚れを強く拭いてはキズが付きますので注意してください。優しく繰り返し
愛情を持ってが大切。



綺麗に成ったらワックスで仕上げをします。
最近、ボディーコーティングをされている場合が多いと思いますが、この
辺りは未施工の場合が多いと思います。実際このクルマも未施工でした。
(事前にリクエストされると良いかと)

他、ボンネット裏、エンジンルーム淵、トランク開口淵、ドアヒンジ周り
等、手お入れて磨きます。

先ず、欧州車はブレーキダストで汚れます。これは防ぎ様が有りませんので
ひたすら洗うことしかありませんが、一度汚れがこびり着くと取れづらく
成るので、汚れる前に洗う気持ちでの掃除が重要です。
ちなみに汚れはブレーキパットに含まれる接着剤が擦れて粉になったパット
をホイールに付着させるのが原因です。だから汚れたままにすると山の様に
大きくなります。

先ず、水で流します。その後、中性洗剤を漬した柔らかいスポンジで隅々ま
で手洗いです。写真は12年目のBRABUSホイール(鋳造)。
まだ、クリアーも生きています。



マフラーも磨きます。
何となく汚いところ的なイメージのマフラーエンドですが、ここが光って
いると気持ちいいですから、ぜひ実行してください。
但し、すぐ煤けますが繰り返し洗うが鉄則です。
メッキ磨きを利用される良いです。



車内、汚れの主な原因は服と靴に付いたホコリ、土などが主です。
ですから、クルマに乗る前に服は軽く叩く、靴裏の汚れは落とす。
これにより汚れが軽減されます。そして、窓をあまり開けない事も効果あり
ます。掃除の基本は丁寧な掃除機掛けと人工セーム皮による拭き掃除です。
内側の窓拭きも忘れずにです。これで車内の空気が澄んだことに気付くはず
です。綺麗な空気を吸っていると心も穏やかに成り安全運転に貢献します。

車内掃除で忘れてはいけない所が、ペダル廻り。
ここに多くのホコリなどがいます。徹底的な掃除機掛けと水拭きを行って
下さい。もちろんペダルも拭きます。
マットは洗ってはいけません。掃除機掛けと水拭きだけです。
スタンドなどのマッド洗い機械通しは厳禁です。濡れたままのマットは
カビの原因に成ります。



以上、愛情を持って綺麗にして上げていればクルマも感謝してか、自分から
壊れたり、ぶつかったり、しないと思っています。そして、12年間付き合
っているスマートです。まだまだ元気で、綺麗で、と願っています。

見えないところが綺麗なクルマはパリットして見えます。
プロはその辺をみています。

最後に、汚さない様に乗る事が一番だと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

2018年06月03日

クルマを綺麗にしよう!洗車編

クルマを綺麗にしよう!
先ずは、洗車編から始めましょう。

ゴム手袋、洗車用スポンジ、柄の付いたスポンジ(屋根に便利)
そして、ホースによる流し洗車。

基本は屋根(高い所)から順に水を流しながらスポンジで優しく撫でる様に
汚れを落とす。

拭きとりは大小吸収性の高いクロスを使って拭きとる。
(洗車は日陰が基本ですが、炎天下の場合はウォータースポットシミの原因
に成るので素早く拭き取りましょう)



ボディに続きホイール&タイヤへ。
中性洗剤を混ぜたバケツの水を使い専用スポンジで汚れを落とす。
隙間までシッカリとホイール形状によりますが、手が入れば裏側まで洗います。

その後、自然乾燥では無くクロスでふきあげます。自然乾燥ではホイール
にシミが残り美しくありません。

仕上げはタイヤワックスを専用スポンジで丁寧に塗ります。
黒いタイヤが黒く長持ちします。

如何でしょう黒い物は黒くなければ美しくないですよね!
ワックスはショルダー少し上まで塗る方が綺麗に見えます。

洗車後に成ります。冒頭の写真を比べて下さい。
汚れる前に綺麗にすることがいつまでも綺麗でいる秘訣です。
但し、汚れるのはしょうがない。でも、放置せず早いうちに洗車する事です。




続きは、室内掃除編へ、

 


 

 

 

 

 

 

 

 

2018年06月05日

クルマを綺麗にしよう!車内編



クルマを綺麗にしよう!車内編になります。
徹底した掃除機によるチリ、ホコリの除去が基本です。床はマットを外し
立体的な吸引を行います。

運転席はペダル奥まで入念に行います。

立体的な掃除を時間を掛けて、

レール下も入念に。

トランクスペースもお忘れなく。
基本的には三角版と傘以外は載せていません。
それから、夏に向かい温度差による湿気対策として湿気取りを乗せています。
屋外駐車車両にはお薦めします。結構溜まります。



掃除機に続いて拭き掃除。
先ず、ウインドウから水拭き



続いてダッシュボードへ、



ダッシュボードからシート台座まで

ステップ(私は絶対足を掛けないが、傷だらけだったので昨年交換した)
も丁寧に拭く。



ドア内貼りも

見えないドアした廻りも忘れずに。

一連の作業を終え車庫に保管。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

2018年06月06日

ヘッドライト磨き。

クルマを綺麗にしよう!今回はヘッドライトのくすみ黄ばみ取り。
昨今の樹脂製ヘッドライトは経年変化により黄ばみ見た目も、明るさも悪く
成ります。特に屋外駐車車両は間違いなく、くすみから始まり黄ばんでしま
います。そこで、くすみ始める前に手を打つ事にします。
イプシロンも3年前に必死な磨きで何とか良い状態に戻し、くすむ前に手を
打ってきています。今回も半年振りの磨きに成りますが、くすむ前なので2
回程度の磨きですみます。だから気軽に遣ろうと思えるのがミソです。

市販のヘッドライト磨きを利用。
研磨剤入りの液剤でひたすら磨き倒す作業に成ります。だから、くすむ前
に遣る事が重要なんです。黄ばんで見えたら時間が掛ると思って間違いあ
りません。専用のスポンジとクロスに液剤を付け端しから丁寧に磨く。
そして、カラ拭き斑を取る作業を繰り返します。綺麗に成るともっと!
と欲が出ますから、更に綺麗に成って行きます。この作業成果は時間に
比例する事を理解してください。

実施前に成ります。

実施後に成ります。
透明感が増した様に見えます。

目が綺麗な人は美人と言われますよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

2018年06月17日

レザーメンテナンス



レザーの輝りは汚れです。その輝りも簡単に落とすことが出来ます。
ネットで購入したプロ用レザークリーナー&コンディショナーとスポンジ、
歯ブラシ、拭き取り用クロス、仕上げ用クロスを使用して作業を進めてみ
ましょう。

先ず、水拭きから

クリーナーをスポンジに噴霧して、小さいエリア毎に丁寧に擦る。
いっぺんに大きく遣ると斑に成りますので注意。



シワ、シボ、縫い目などは歯ブラシを使って丁寧に。



浮いた汚れを濡れたクロスで吸い取る。この作業を繰り返します。

適にスポンジ、クロスの汚れを洗い落します。これも繰り返しです。

液剤と共に出る汚れに驚きます。



シート右側だけの作業で検証しました。

左右の輝り具合をご覧ください。右側が施工後、左側に比べ輝ってが弱い。



座面での比較。左半分が施工後に成ります。
*差が余り出ていないのは、半年に1度クリーニングを実施してるためです。



クリーニング後、自然乾燥が済んだら、保湿・保護のためにコンディショナー
ローションで仕上げ。この商品はベタつかずシットリしてお薦め出来ます。



ローションをクロスに付け薄く塗り広げる。



仕上がりです。ローションでシットリ潤い肌に成りました。
12年、17万キロに耐えたシートには見えませんよね?

ついでにステアリング とシフトノブも実施しました。



先ず、左半分(パットまで)だけ遣って見ました。
若干ですが輝り具合の違い解かりますか?
普段からクリーニングしていますので大きな差は見れません。
パットの明暗で解るかと思います。このクリーナーレザー以外にも使える
んです。

素手で触るところは清潔にです。



レザーメンテナンス完了です。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

2018年06月24日

レザースニーカーにも遣ってみた。



クルマのついでにレザースニーカーもクリーニングして見た。
上が、ビフォー 下が、アフター です。
そこそこと言うか、クルマ同様パリッとしました。



横から、ビフォー

横から、アフター

何年も履きぱっなしだったが、これでまた履けそうです。

 

 

 

 

 

About 2018年06月

2018年06月にブログ「How to DIY」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2018年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。