« C2納車後の徹底掃除 | メイン

C2リモコンキーシェル交換



ヤングタイマーとも成るとキーも古くなります。
シトロエンC2納車時に気に成ったリモコンキー。使用感バリバリの傷だらけ、
しかもボタン部分が凹んでる状態だった。あら~、これ駄目でしょうと師匠に
スペアーキーを新規依頼していた(以後は新品のキーを使用する)が間に合わ
ずにロックボタン部分が脱落してしまった。見栄えが悪い!そこでDIYに
チャレンジすることにし取り敢えずネットで「シトロエンC2リモコンキー」
で検索。すると有りますね~、但し、純正品では無い「オリジナルタイプ」と
やらがある。よくよく眺め説明文を読んでみる。なるほど、クリックしたのが
初期型オリジナルタイプ交換用シェル。価格1080円、送料、代引き手数料
合計1904円で手に入れた。注文2日で到着した交換用シェル。見た目は
純正品と見分けは付かないレベル。


左が純正古い方。
右がオリジナルタイプ新品。

早速交換作業を開始。
錆びたネジの山を舐めない様に慎重に回す。

キー部分も抜く要領で外す。

左が古い方、作業中に解除ボタン側も脱落した。
右が新品で本来の状態。

基盤の交換も簡単。キー部分を差し込み仕上がり。
但し、基盤とは反対部分についているイモビライザーチップの移動を忘れずに
(写真取り忘れ)エンジンが始動できませんから、



はい、終了。
ここまでの作業時間15分程度。

 人任せにするオヤジでもできました。
 何事も「やる気」ですね!

 


 

About

2018年08月30日 12:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「C2納車後の徹底掃除」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。