2021年04月17日

FIAT 500C 1.2

 

今回の「お宝 ヤングタイマー」ちょっと若いネオヤングタイマーのご紹介。認定中古車以上、ヤングタイマー以下、と言うほど良い塩梅のクラスになります。出目は、新車もしくは認定中古車で乗られたユーザーからの下取車。だから、ディーラーで管理された信頼できる中古車と思って差し支えないでしょう。但し、ディーラーでの購入が前提です。それにしてもFIAT 500 の魅力と人気は衰えを知らないですねぇ~、この真っ赤なキャンパストップ仕様の500C 何処を如何みても10年経過したネオヤングタイマー域のクルマには見えません。そして価格を見てもっと驚くのでした。いや~ネオヤングタイマー恐るべしです。明日までJR沼津駅に隣接する「キラメッセぬまづ」にて開催されている「輸入車アウトレットフェア」会場でご覧になれます。これは早い者勝ちかも知れません。

続きを読む "FIAT 500C 1.2" »

2021年04月13日

番外編!Bianchina Cabrio

 

今回の「お宝ヤングタイマー」は、番外編をお届けします。今日ランチャイプシロン修理で伺ったガレーヂ伊太利屋さんで目にしたビアンキーナのカブリオレと言う奴をお見せしたい。なんじゃこりゃ!説明ボードには、オードリーヘップバーンが主演した「お洒落泥棒」で、ジバンシーのヘルメットとサングラスで颯爽と乗り廻していたのが同モデルだそうです。
また、クルマに付いては1955年イタリアで最古の自動車メーカーのフィアット、タイヤメーカーのピレリのジョイント・ベンチャーから生まれたのがアウトビアンキで、ミラノ近郊のデジオの本部に生産設備が建設されました。ビアンキーナはNuova 500をベースに開発されており、エンジンも共通の直列2気筒4サイクル490ccを搭載し、出力は13馬力を発揮します。ビアンキーナの各モデルは20%のプレミアを付けて販売され、生産型の500より居住性が良く、ボディはツートンに塗装され、独自なデザインのダッシュパネルを持ち、駆動系統はNuova500のままでしたが、ボディは独自の物で、サスペンションもロールを抑えるべく改造が施されていました。ASI公認のオープンモデルは極めて珍しい個体と言えます。以上、説明ボードより。クルマと言うよりオブジェと思った方が良いかな?以下、ご覧あれ!

続きを読む "番外編!Bianchina Cabrio" »

2021年04月05日

AMG C55 (W203)45.000km

 

今回の「お宝ヤングタイマー」前回に引き続き走行距離の極めて少ないW203型 C55 AMGが出てきました。これぞ乗り回して楽しくなる高性能セダンでしょう。ちょっと古いが良く見るとAMGだ!「わかる人にはわかる」クルマ好きの上がりとして、普段の足として、安心して乗れるネオクラシックカーだと思います。17年前新車で966万円もしたコンパクトセダン。当時は控えめなAMGに乗る偉いオーナー(ちっちゃなクルマに1.000万円出した)として見ていた気がします。実は、私もメーカーデモカーであったデジーノオーダー車両を認定中古車フェアで購入し2年程乗った経験があります。コンパクトでキビキビと速い。そして、AMG製マフラーからV8自然吸気エンジンの発する呼吸音が聞こえます。最近の創られたエンジン音とは全く別のものです。ご存じですか?最近のマフラーエンドはダミーだという事を!覗き込んで唖然としたのを覚えています。本物マフラーのAMG C55 198万円 イイね!押しときます。以下、ご覧あれ!

続きを読む "AMG C55 (W203)45.000km" »

2021年03月31日

AMG E63(W211)32.000km

 

今回の「お宝ネオヤングタイマー ディーラー編」新車は必ず中古車に成る!定説通りの価値あるクルマが出てきました。優しい流線型のスタイルを持ちながら実は狼だったメルセデス・ベンツW211型E63AMG。後期型のAMG最初で最後となった自社開発6.3リッターNAエンジンを積んだ稀少なモデルです。私も営業車としてE320CDIを新車から4年、全国を94.000キロ程走り廻った経験があります。経済性を重視してのディーゼル選択ではありましたが、実はNA6.3L AMGが欲しかったことを思い出します。いつかは!なんて思っていましたが、此奴を見るとちょっと心が揺れます。あ~、物からの執着を捨てる「断捨離」したばかりだ~、~、まだ断捨離をお済でないクルマ好きオヤジ達にお薦めしたと思います。走行32,000キロのバリモノですよ!以下、ご覧あれ! 

続きを読む "AMG E63(W211)32.000km" »

2021年03月27日

PORSCHE 911 (Type 964) Carrera RS STYLE

 

今回の「お宝ヤングタイマー」多種多用な楽しみ方の出来るポルシェ911。その中からタイプ964究極のNAモデルとして名高いRSモデル仕様に仕立てられた1台をご紹介。その仕立て具合はご覧の通り。何処からどう見てもタイプ964RSに見える仕上がり。純正部品が醸すオーラはその価値を表します。以下、ご覧あれ!

続きを読む "PORSCHE 911 (Type 964) Carrera RS STYLE" »

2021年02月16日

稀少!Ferrari Mondial t Caburiolet

 

今回の「お宝ヤングタイマー」あの日に帰りたい!そんな思いがよぎる1台を見つけました。そう、頑張れば手が届いた時代のフェラーリ モンディアルtカブリオレ。ピニンファリーナの手による2+2グラントゥーリスモで4シーターを感じさせないデザインは、いま、見ても美しい。1980年から1993年まで生産された人気モデルであり、4シーターモデルは後の412まで生産されなかった。ブラックボディにフェラーリ独特のワインレザーインテリアとシート形状、MOMO製ステアリング、これが当時のフェラーリだったなぁ~、、

続きを読む "稀少!Ferrari Mondial t Caburiolet" »

2021年02月13日

稀少!BENTLEY ARNAGE R

 

今回の「お宝ヤングタイマー」昨年11月に入庫情報として、ご紹介したベントレーアルナージRが販売車両として展示されておりました。各部整備等も完了し498万円の価格が掲げられております。当時は気付かなかった大口径ホイールを履いており実にカッコイイ!それも初めて目にした純正20インチホイールです。由緒正しい公認大口径といえましょうか?そして、ベントレーの出自につきましては、先に紹介いたしました 「こちらをご覧いただくとして」 コンチネンタルGTに似たフロントエンドを与えられた後期型アルナージR。シルバーにクリームレザーインテリアにさり気なく20インチを履いた姿は由緒あるリムジンと誰もが思うはずです。以下、ご覧あれ!

続きを読む "稀少!BENTLEY ARNAGE R" »

2021年02月09日

RANGE ROVER Classic 3.9

 

今回の「お宝ヤングタイマー」ラグジュアリーSUVの元祖であり、英国王室よりロイヤルワランティを戴くレンジローバーの初代クラシックが出てきました。正規輸入モデル1993年式エアサスモデルです。車両説明は割愛して、述べたいのはこちらランドローバー正規販売店である「ジャガー・ランドローバー三島」さんの販売車両であることです。正規ディーラーでクラシックレンジの知識、技術はピカイチと言えます。現に、先ごろまで所有していた93年バンデンプラスもこちらが渾身仕上げした文句ない車両でした。旧車を気持ちよく乗るためには「主治医」の存在が欠かせません。購入後に悩む事にならないためにも「信頼と安心」が担保される店舗での購入を薦めます。新車時よりの整備記録あり。3ヶ月、5000キロ保証が付いています。

続きを読む "RANGE ROVER Classic 3.9" »

2021年01月29日

LANCIA Ypsilon

 

 

今回の「お宝ヤングタイマー」LANCIA マークの付くイプシロンです。と言っても元を正せば本来の姿なのですが、ここ日本では販売ネットワークの関係でクライスラー イプシロンとして販売されました。そして、セールスは不振。そうだろうイプシロンはランチャなのだから、、であります。小さな高級車を謳った2代目には及ばないまでも、そこそこのラグジュアリー感漂うインテリアにレザーシートのしつらえはFIATの上級ブランドランチャに相応しい。やはりイプシロンはLANCIエンブレムが似合うのです。さて、そのLANCIAエンブレムを頂く本来のイプシロンを発見しました。新車で並行輸入された右ハンドル(英国向けと思われる)の上級モデル。8年経過してもボディ建付けやインテリア質感は紛れもなくラグジュアリーブランドランチャと言えます。エンジンはFIAT製 2気筒 900cc ツインエアーと今では認知された愉しいエンジン。耐久性も問題ないと評価されている。ヤングタイマーになった3代目ランチャ イプシロン。稀少性からも取り敢えず手に入れて見てください。

続きを読む "LANCIA Ypsilon" »

2021年01月28日

AUDI A4 allroad quattro 2.0T

 

 

今回の「お宝ヤングタイマー」正確にはヤングタイマー手前世代になりますが、価格的にヤングタイマー領域のため敢えて名車館にて紹介したいと思います。10年以内でありながらヤングタイマー価格に成っている背景には、ここ7~8年前からの輸入車乱売合戦があると思われます。故障が少なく普通に20万キロ位は走れる品質を得たことから、値引きによる売りっぱなしを続けた結果。街に輸入車は増加を続け溢れかえり、憧れの輸入車は国産車品質に近づく一方で差別化が薄れた。結果、台替えサイクルが5~7年まで伸びてしまった。新車から5年、走行5万キロと中途半端な中古車の市場価格は続落しています。落胆する新車ユーザーとは対照的に中古車を狙うユーザーにとっては嬉しい商品でもあります。2014年モデルアウディA4オールロードクアトロ、走行59,000キロ(年間1万キロ程度の使用)が185万円で手に入ります。これが、本来の中古車ビジネスであり、ユーザーにとって中古車選びの醍醐味でしょうか?良い時代が戻って来ました。

続きを読む "AUDI A4 allroad quattro 2.0T" »