2020年02月26日

セカンドレンジローバー4.6 VOGUE

今回の「お宝ヤングタイマー」聴き慣れた表現で恐縮ですが「砂漠のロールス・ロイス」と呼ばれた初代の陰にいたセカンドレンジの愛称で呼ばれる二代目レンジローバー4.6 VOGUE(英国仕様)のご紹介。デビュー当時は、やれ「デカイ」とか「初期不良」などの責められた感はあった。それでも高級SUVとして地位は揺らぐことはなく世代を繋いだ功労車と呼べるモデルで、BMWのコントロール下に入る前の純潔レンジローバーと言えます。そのセカンドレンジも登場から26年ヤングタイマーとして再ブレイクの兆しが出ています。「デカイ」と言われたセカンドですが、今見ればジャストサイズと呼んでも良い位です。専門店であるレンジャースさんのサポートを受けながら乗られたらよろしいかと思います。ご紹介のエプソムグリーン英国車らしく貴賓を感じられます。

続きを読む "セカンドレンジローバー4.6 VOGUE" »

2020年01月21日

アストンマーティンDB9 V12

今回の「お宝ヤングタイマー」あのアストンDB9が売り物になって戻って来た。シルバーとバーガンディーのとてもシックでお洒落なアストンDB9クーペ。とてもアストンらしいシルエットが実にイイ感じです。価格もこなれたかと?ご興味ある方は早めのコンタクトをお薦めします。

続きを読む "アストンマーティンDB9 V12" »

2019年12月28日

Mersedes-Benz 450SLC & 560SL

今回の「お宝ヤングタイマー」CとRの107をご紹介。
ご存じ、憧れのベンツ450SLCと560SLが奇跡的に並んでいるガレージENZOさんよりお届けします。訪問の度に目にする稀少車達。これだけのクルマが何処から出て来るのか?スタッフに聞いても分らないと言う。もしかしたら、クルマ好きのオーナーの秘蔵車なのかも?それにしてもイイクルマと言える。また、こちらの工場長も不思議な能力を持っており、メーカー車種問わず直せるところが驚きだ。工場内にはフェラーリ始めロールス、メルセデス、マセラティ、FIAT、古いクラウンやら沢山がゴチャゴチャおり常識では考えられない光景なのです。でも、ここは全て直せちゃうところが旧車を責任販売出来る所以なのでしょう。もちろん旧車だから部品交換で済ませたりはしません。

お問い合わせ
ガレージENZO
茨城県牛久市柏田町3041-3
TEL  029-787-0911

 

 

 

 

2019年12月20日

RR SILVER SPURⅠ

今回の「お宝ヤングタイマー」売りたくない秘蔵コレクションからSZ系ロールス・ロイスをご紹介。この年代のロールス&ベントレー(兄弟車)は、まだ工芸品的な性格を色濃くの残したクルマでありインテリアも非常に手間の掛った贅沢な作りをしています。エンジンに至っては100万キロ持つほど丈夫と云われています。まあ、中も外もエンジンも工芸品の域に達っするSZ系 シルバースパー(ロングベースモデル)状態の良い車両とお見受けしました。
詳細は下記まで、

お問い合わせ
ガレージENZO
茨城県牛久市柏田町3041-3
TEL  029-787-0911

2019年12月18日

ダックテールの911

今回の「お宝ヤングタイマー」キーボードを叩けば何でも解かる昨今。今回は足を運んで頂こうと思います。想像を膨らませてください。ダックテールの付く此奴は?どうぞご自分で確かめて頂きましょうか? 

こちらは、
ガレージENZOさん
茨城県牛久市柏田町3041-3
TEL 029-787-0911

 

 

 

 

 

2019年11月01日

メルセデス・ベンツ C36 AMG 最終モデル 正規輸入車

 

今回の「お宝ヤングタイマー」人にも生い立ちがある様にクルマにもある。そんな言葉が当てはまるメルセデス・ベンツW202CクラスをベースとしたC36 AMGを紹介します。新車から22年、3名のオーナーによって育てられた「生い立ち」は見事と呼べるコンディションだ。更に、AMG最後のチューニングエンジンを積む純粋なAMGコンプリートカーでもあることを思えば「お宝ヤングタイマー」に相応しい1台と言えます。以下、ご覧あれ!

続きを読む "メルセデス・ベンツ C36 AMG 最終モデル 正規輸入車" »

2019年10月22日

Mercedes-Benz 560SL(R107)正規輸入車

今回の「お宝ヤングタイマー」メルセデス・ベンツ オープンカーの傑作R107の愛称で呼ばれるSLから、最上級560の正規輸入モデルを発見。見るからにパリットした極上車と呼べる車両です。最近、極上と呼べる旧車がポツポツと市場に出て来ています。永年に渡り輸入車業界を支えたクルマ好き達が、そろそろクルマを降りる年齢に達して様です。そうゆう私も、あと何年かすると同じ境遇に成るのですが現状は嬉しい限りでもあります。そう、業界で言われる「一時預かり人」の世代交代だからです。名車とは個人のものでは無く「世の中の宝」だから世代を繋げなくてはならない。
一時預かり人としての役割は、オリジナル状態で維持管理した車両を実績と能力あるクルマ屋さんを通して次世代に繋ぐこと。ガレージに仕舞って置くのも良し、乗って存分に楽しむのも良し、気持ちが有れば誰にでも「一時預かり人」に成れるチャンスが来ています。
以下、極上560SLご覧あれ!

続きを読む "Mercedes-Benz 560SL(R107)正規輸入車" »

2019年10月15日

MITSUOKA マイクロ K-2

今回も「お宝ヤングタイマー」変なクルマ屋さんには、変なクルマ(稀少)があるもんだ!第2弾。
あら、メッサーシュミットか?1998年に光岡自動車が日本初の自分で組み立てるキットカーとして発売したドイツのマイクロカー「メッサーシュミットKR200」をモチーフのとても楽しげなマイクロカー。詳細は割愛するとしてスペックは次の通り。車両型式:光岡 K2型、ボディ構成:FRP、エンジン型式:BB-MCIE型 平成10年排ガス規制適合、エンジン:横置強制空冷式2サイクル単気筒 49cc、車両重量:172kg、最大重量:30kg、乗車定員:1名、保安規格:3輪以上の原動機付自転車(普通自動車運転免許が必要)、法定速度:60キロ(2段階右折、シートベルト、車検不要)。田舎暮らしの相棒に如何でしょう?以下、ご覧あれ!

続きを読む "MITSUOKA マイクロ K-2" »

2019年10月03日

MITSUOKA マイクロ K-3 DELUXE

今回の「お宝ヤングタイマー」変なクルマ屋さんには、変なクルマ(稀少)があるもんだ!
なんだこりゃ、と、言わしめたちっちゃなスーパー7風の此奴は?説明によると光岡自動車が1998
~2007年まで生産販売したマイクロカーシリーズ中のK-3モデルだそうだ。2006年に限定100台が販売されたが2週間で完売した幻のマイクロカーと云う。全長:2495mm 重量180キロ。本車両は、純正カスタムパーツのフロントスクリーンセット、クローム調サイドミラー/ルームミラー、MOMO製ステアリング、丸型スピード/タコ/フェーエルメーター、カーボン調パネル、カーボン調パーキングブレーキノブ、専用8インチアルミホイール、純正OPクロームメッキルーバーが装備されたデラックス仕様。今の道路交通法では認可されないであろう大人のおもちゃ光岡マイクロカー。田舎暮らしの相棒に持って来いじゃないでしょうかね!以下、ご覧あれ!

続きを読む "MITSUOKA マイクロ K-3 DELUXE" »

2019年09月28日

マセラティ ギブリ2.8 2代目初期型

今回の「お宝ヤングタイマー」1990年代「エッチなクルマ」として自称色男達の御贔屓にあずかったマセラティビトルボシリーズ後継ギブリを発見。あれ、これだけ綺麗なギブリは久振りの事。往年の色男達も齢を重ね秘蔵車を次世代に引き継ごうと考えたか?それにしても綺麗です。都内ナンバーが付いている事から推測するにガレージでシッカリ保管されていたと思われる。更に、高得点なのが初期型フェイスであることだろう(個人的意見)。そんなこんな、あちこち眺めていたら、ちょっとエッチだった頃を思い出してしまった。この時代のマセラティは艶やかだったなぁ~、、、
あ、それから、此奴は艶やかなだけでは無く、ツインターボが効き始める時の”暴力的なドッカン感”が堪らなく気持ち良かった。

続きを読む "マセラティ ギブリ2.8 2代目初期型" »