2019年06月14日

足グルマこそカッコよさにこだわりたい/第3回

 

カーデザイン至上主義 

足グルマこそカッコよさにこだわりたい/第3回

はじめに

 当サイトが注目している「ヤングタイマー」とは、初度登録から15~30年ほど経過しているクルマのことで、一番旧いモノで'80年代後半に発売された国内外の車両といったイメージです。この頃に生産されたクルマといえば、デザイン性の高さや品質のよさをアドバンテージとしていました。簡単に説明すると、いま見ても「カッコイイ」点が特徴です。そこでヤングタイマーのスタイルのよさに大々的に着目した本特集において、車 市場 名車館 編集長の筆者(高桑)が気になるヤングタイマーを毎月ピックアップし、「カーデザイン至上主義/足グルマこそカッコよさにこだわりたい」というタイトルの記事をアップしています。

アルファロメオ・スパイダー 2.0ツインスパークとは?

 アルファロメオ・ブランドのスパイダーは総じて息が長く、105/115系ジュリアとFRシャシーを共用していた初代は1966年にデビューし、3度にわたる大きなマイナーチェンジを経ながら1993年まで発売されました。そして、その後継モデルとして1994年に登場し、1996年から日本に導入されたのが、今回ピックアップした、横置きエンジンの前輪駆動車となった2代目スパイダー(916型)です。2代目スパイダーはアルファロメオ・GTV(クーペ)のロードスター・バージョンと言える存在で、プラットフォームをGTVと共用していました。排気量2リッターのツインスパークエンジン搭載車、排気量3リッターのV6エンジン搭載車、そして、排気量3.2リッターのV6エンジン搭載車がモアパワーを求めるようになった時代の流れとシンクロするようにラインナップされ、2006年に3代目スパイダーとバトンタッチしました。

ディテール紹介

 現車は、フロントグリルのデザインが一新された後期型です。グリルの部分がそれまでのモデルよりも縦方向に大きく拡大され、フロントのナンバープレートが左側にオフセットしている点が特徴です。後期型のGTV/スパイダーは排気量2リッターのツインスパークエンジン搭載車と排気量3.2リッターのV6エンジン搭載車の二本立てだったので、現車は前者となります。ピニンファリーナがデザインしたエクステリアこそ前衛的ですが、インテリアはイイ意味で古典的なディテールとなっており、いかにもスポーツカーを操っているという気分になれます。 

整備ポイント

 パッゾオートモービルスは、P-TEC(ピーテック)と呼ばれる自社ファクトリーを完備しており、ここで各車をきっちり整備してからユーザーに販売車をデリバリーしています。今回ピックアップしたアルファロメオ・スパイダー 2.0ツインスパークの場合は、タイミングベルト、バランスベルト、ファンベルトの他、各テンショナープーリー、ウォーターポンプを交換してからの納車となります。いまでも人気のある黒色の916型スパイダーの後期・最終モデルで、しかも走行距離がわずか3.5万kmなので、これはカッコよさにこだわりつつ、各方面にレア車として自慢できると思います。この機会に是非!

プライス&店舗インフォメーション

 ■アルファロメオ・スパイダー 2.0ツインスパーク

 税込車両本体価格:118万円

年式:2005年

走行距離:3.5万km 

車検:検なし

修復歴なし

 ■販売店舗

パッゾオートモービルス

住所:〒363-0013 埼玉県桶川市東1-10-11

TEL:048-770-0333

FAX:048-770-0334

営業時間:10:00~20:00

定休日:水曜日(レース・イベント開催日)

HP:http://www.pazzo.jp/

Email:info@pazzo.jp

文&写真/車 市場 名車館 編集長:高桑秀典

 

 

 

 

2019年05月29日

名車もいいけど迷車もね!/第2回

名車もいいけど迷車もね!

迷車を育てると名車になる!?/第2回
---------------------------------------
はじめに/ヤングタイマーとは?
 
ヤングタイマーは、初度登録から15~30年ほど経過しているクルマのことで、一番旧いモノで1980年代後半に発売された国内外の車両といったイメージです。この頃に生産されたクルマといえば、デザイン性の高さや品質のよさをアドバンテージとしていました。いま見てもカッコよく、しかも実用性が高くって安価な点が特徴だといえるでしょう。本特集では、ヤングタイマーならではといえるそれらの魅力に着目し、毎月、車 市場 名車館 編集長の筆者(高桑)が気になるヤングタイマーをピックアップ。記事を作成しています。
 
アルファロメオ 166とは?
 
「アルファ 166」と呼ばれることもあるアルファロメオ 166は、1987年に登場したアルファロメオのフラッグシップサルーン「アルファ 164」の後継モデルとして1998年10月にデビューしました。ダブルショルダーと呼ばれる、ボディ側面の凹型処理が特徴的だった前期型と、フェイスリフトによって切れ長のヘッドライトと縦長のフロントグリルが与えられた後期型に区別できます。前期型が日本市場に導入されたのは1999年9月18日からで、後期型は2004年7月10日から日本国内での販売が開始されました。
 
 
 
今回紹介するのは、2005年式のアルファロメオ 166で、上級グレードの3.0 V6 24V スポルトロニックエグゼクティブです。エクステリア・デザインのリフレッシュのみならず、快適・安全装備の充実化などが図られた後期型で、ボディサイズは前期型と同じ、全長×全幅×全高=4730×1815×1445mmで、ホイールベースも前期型と同一の2700mmとなります。パワートレインは最高出力220psを発生する3リッター/V型6気筒エンジンで、シーケンシャルモード「スポルトロニック」付きの4速ATが組み合わされています。ちなみに、前期型では最高出力190psを発生する2.5リッター/V型6気筒エンジンと後期型にも積まれた3リッター/V型6気筒エンジンの中から好きなほうをチョイスすることができました。
 
 
後期型の装備は、前期型でオプション設定だったクルーズコントロール、ステアリングホイール上のオーディオコントロールスイッチを標準装備とし、使い勝手を向上。フラッグシップサルーンに相応しく、GPSナビゲーションシステム、フルオートエアコン、10スピーカー付きHi-Fiサウンドシステムなどの快適装備も全車が標準装備していました。上級グレードのエグゼクティブは、それらの快適装備に加え、電動ガラスサンルーフ、レザーシート、前席シートヒーターが付いていました。安全装備は、前席ウィンドウエアバッグを装備し、ヘッドライトにハイ&ロービーム兼用のバイキセノンヘッドライトを採用して視認性を高めていました。
 
 
 
本稿のテーマは「迷車を育てると名車になる!?」ということなので、そのあたりについて言及しますと、アルファロメオ 166は後継モデルの発表がないまま生産終了となったこともあり、いまや知る人ぞ知る存在になっています。特に後期型は、標準グレードの3.0 V6 24V スポルトロニックの新車価格が555万4500円、革内装などが備わる上級グレードの3.0 V6 24V スポルトロニックエグゼクティブの新車価格が599万5500円だったこともあり、デリバリーされた台数がそもそも少なかったわけです。ということで、必然的にユーズドカーとして流通している車両も少なく、良質車を見つけたら買っておくのが得策だといえるでしょう。
 
 
パッゾオートモービルスが販売している車両は走行距離が4.3万kmという低走行/良質車で、14品交換/80項目チェックというパッゾオートモービルスならではのアルファロメオV6モデル納車前整備を受けることもできるので、ずっとアルファロメオ 166を探していたというファンは、この機会にゲットしてみてはいかがだろうか。
 
プライス&店舗インフォメーション
 
■アルファロメオ 166 3.0 V6 24V スポルトロニックエグゼクティブ
 
税込車両本体価格:89万8000円
年式:2005年
走行距離:4.3万km 
車検:2020年(令和2年)4月
修復歴なし
 
■販売店舗
 
PAZZO Auto Mobiles(パッゾオートモービルス)

 

住所:〒363-0013 埼玉県桶川市東1-10-11
TEL:048-770-0333
FAX:048-770-0334
営業時間:10:00~20:00
定休日:水曜日(レース・イベント開催日)
HP:http://www.pazzo.jp/
Email:info@pazzo.jp
 
文&写真/車 市場 名車館 編集長:高桑秀典
 
 

2019年04月29日

実用車にもなるヤングタイマーはコレ/第2回

実用車にもなるヤングタイマーはコレ

パーツが豊富なクルマは旧くても足になる/第2回
 
 
ヤングタイマーとは?
 
ヤングタイマーは、初度登録から15~30年ほど経過しているクルマのことで、一番旧いモノで80年代後半に発売された国内外の車両といったイメージです。この頃に生産されたクルマといえば、デザイン性の高さや品質のよさをアドバンテージとしていました。いま見てもカッコよく、しかも実用性が高くって安価な点が特徴だといえます。本特集では、ヤングタイマーならではといえるそれらの魅力に着目し、毎月、車 市場 名車館 編集長の筆者(高桑)が気になるヤングタイマーをピックアップ。記事をアップしています。
 
ローバーミニとは?
 
1959年に英国で誕生した「ミニ」は、今年、生誕60周年を迎えました。その長きヒストリー(高性能版のクーパーは除く)を辿ると、1959年~1967年までのMk-1時代(オースチン・セブン/モーリス・ミニ・マイナー)、1967年~1969年までのMk-2時代、1969年~1977年までのMk-3時代を経て、車名から「Mk」というシリーズ名が無くなった後も基本設計の大幅な変更が行われずに生産され続けたことが分かります。日本において、日英自動車/オースチン・ローバー・ジャパンがミニの正規ディーラーとなったのは'80年代初頭のことで、オースチン・ローバー・ジャパンという社名がローバー・ジャパンへと変更された'80年代末、ローバーがドイツのBMWに買収された'90年代中盤も生き延びて、2000年に生産終了となりました。正規輸入元の社名がローバー・ジャパンとなった1989年以降、ミニは「ローバーミニ」と呼ばれるようになり、その人気がさらに高まったといえます。
 
 
今回ピックアップした、ミニの高性能版であるミニクーパーのほうのヒストリーは、1961年~1967年までのMk-1時代、1967年~1970年までのMk-2時代、1970年~1971年までのMk-3時代を経て、19年のブランクの後となる1990年に「ローバーミニクーパー1.3」として復活しました。ミニ/ミニクーパーは、1992年に燃料供給装置がキャブレターからインジェクションに変更され、1997年モデルから安全対策として運転席にエアバッグが標準装備されるようになったこともトピックです。
 
 
現車は、ヘリテイジコレクション('60~'70年代のミニが纏っていた懐かしい外装色=ヘリテイジカラーを復刻し、1997年以降~最終モデルのミニクーパーとミニケンジントンに設定された専用内装と組み合わせたモデル)のカラーであるユーコングレーのミニクーパーで、ルーフカラーはホワイトとなります。
 
レトロな雰囲気で、いまでも人気車となっています。
 
内装色はキュミラスグレイで、こちらもヘリテイジコレクションならではのカラーです。
 
 
純正のボンネットストライプを取り外し、ドアバイザーを追加した以外は、ほぼノーマルの内外装です。オーディオも純正カセットのままで、クラシカルな雰囲気を壊さないようにETCや電源ソケットは目立たない位置に取り付けられています。
 
 
 
平成23年(2011年)以降は、すべてiR(イール/1999年会社設立)の自社工場であるiR MAKERS(イール メーカース)で点検整備が行われてきました。年間約3,000kmペースで、毎年、欠かすことなく1年毎の点検整備を受けてきたそうです。
 
 
本稿のテーマは「パーツが豊富なクルマは旧くても足になる」ということなので、最後にそのあたりについて言及しますと、iRではユーザーに徹底整備したノーマル車を提供することに努めており、販売している全車が、走って、曲がって、止まる、というクルマの基本をしっかり行えるように仕上げられています。まさに日常の足にできるクオリティなので、安心して購入することができます。
 
3,000km毎となるiR MAKERSでのエンジンオイル交換時にその後の作業メニューをiRのスタッフと共に考え、早急に直したほうがいいところと、後回しにできそうなところを自身のアタマでも理解しながら、快適なミニライフを楽しんでいくといいでしょう。
 
 
ミニのパーツは山ほどあるので、メンテナンスに関しては何も心配しなくて大丈夫です。もちろん、お好みでモディファイすることも可能なので、ご自由に楽しんでください。アガリのクルマとしてチョイスしてもいいので、この機会に一生モノとなるミニをゲットしてみてはいかがでしょうか。
 
 
プライス&店舗インフォメーション
 
■ミニクーパー
 
税込車両本体価格:195万円
年式:1997年
走行距離:39,000km
ミッション:4AT
車検整備付
修復歴なし
 
■販売店舗
 
iR(イール)
住所:〒158-0093 東京都世田谷区上野毛4-39-7
TEL:03-5797-2288
営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)
HP:https://ir-japan.net
 
文&写真/車 市場 名車館 編集長:高桑秀典 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年03月30日

足グルマこそカッコよさにこだわりたい/第2回

カーデザイン至上主義 

足グルマこそカッコよさにこだわりたい/第2回

はじめに

 当サイトが注目している「ヤングタイマー」とは、初度登録から15~30年ほど経過しているクルマのことで、一番旧いモノで80年代後半に発売された国内外の車両といったイメージです。この頃に生産されたクルマといえば、デザイン性の高さや品質のよさをアドバンテージとしていました。簡単に説明すると、いま見ても「カッコイイ」点が特徴です。そこでヤングタイマーのスタイルのよさに大々的に着目した本特集において、車 市場 名車館 編集長の筆者(高桑)が気になるヤングタイマーを毎月ピックアップし、「カーデザイン至上主義/足グルマこそカッコよさにこだわりたい」というタイトルの記事をアップしています。

アルファロメオ・スパイダー ヴェローチェ Sr.4とは?

 最も美しいアルファロメオのひとつとして、いまでも数多くのファンを獲得しているアルファロメオ・スパイダー。ピニンファリーナがデザインした当モデルは、大別すると4つのシリーズ(Sr.)に分けることができます。105系ジュリアの2シーターオープンモデルとして1966年に登場したデュエット(Sr.1)時代、テールの形状がコーダ・トロンカだったSr.2時代(1970年登場)、ウレタン製バンパーとスポイラーが特徴的で通称「エアロディナミカ」と呼ばれているSr.3時代(1983年登場)、そして、今回ピックアップした最終型のSr.4時代(1990年登場)ということになります。

ディテール紹介

 アルファロメオ・スパイダーというクルマの最後を飾った「Sr.4」の寸法は、全長×全幅×全高:4260×1630×1290mm。駆動方式はFR(後継モデルの2代目以降はFF)です。排気量1961ccの水冷直列4気筒DOHCエンジンをフロントに搭載しており、最高出力は120ps。5MT仕様の他、シリーズ唯一の3速ATを搭載したモデルもラインナップされました。幌は手動式です。

整備ポイント

 燃料供給装置がインジェクションで、クーラーやパワーステアリングも装備しているSr.4スパイダーは、カーマニア以外にもオススメできるヤングタイマーです。パワーステアリングの部品やインジェクターも入手しやすいので、輸入車ビギナーも安心して購入することができます。アルファロメオ・ジュリアのメンテナンスを通じて、人とクルマ、心と物の心地よい関係に満ちた日々のお手伝いをしているミラノオートサービスが面倒をみてきた当車は フューエルポンプ交換、冷却ファンスイッチ/リレー交換、インジェクターホース交換が実施されています。そして、105系ジュリアも装備しているシンプルな円形ミラーやSr.3用のホイールが奢られているので、クラシカルな雰囲気を楽しめます。ヘッドライトの取り付け位置を後退させることで、Sr.1/Sr.2スパイダーが装備していたヘッドライトカバーを装着できるので、そこまでやってもオモシロイと思います。

プライス&店舗インフォメーション

■アルファロメオ・スパイダー ヴェローチェ Sr.4

車両本体価格:130万円(税別/セール価格)

年式:1990年

修復歴なし

 ■販売店舗

Milano Auto Service(ミラノオートサービス)

住所:〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間2779-6 

TEL:046-207-9521 

FAX:046-211-6128

HP:http://milano-auto.com/

info@milano-auto.com

文&写真/車 市場 名車館 編集長:高桑秀典

 

 

2019年02月27日

名車もいいけど迷車もね!

 
名車もいいけど迷車もね!
 
迷車を育てると名車になる!?/第1回
---------------------------------------
はじめに/ヤングタイマーとは?
 
ヤングタイマーは、初度登録から15~30年ほど経過しているクルマのことで、一番旧いモノで1980年代後半に発売された国内外の車両といったイメージです。この頃に生産されたクルマといえば、デザイン性の高さや品質のよさをアドバンテージとしていました。いま見てもカッコよく、しかも実用性が高くって安価な点が特徴だといえるでしょう。本特集では、ヤングタイマーならではといえるそれらの魅力に着目し、毎月、車 市場 名車館 編集長の筆者(高桑)が気になるヤングタイマーをピックアップ。記事を作成しています。
 
フィアット・セイチェントとは?
 
フィアットお得意の“走って楽しい小型大衆車”であるセイチェントは、1991~1998年まで生産された「フィアット・チンクエチェント」の後継モデルとして1998年にデビューしました。プラットフォームをはじめとする数多くのパーツがチンクエチェントから継承されたものだったので、セイチェントはチンクエチェントのモデルチェンジ版であったともいえます。
 
ご存知の方が多いと思いますが、チンクエチェントはイタリア語で500のことを意味し、同様にセイチェントは600のことなのですが、両方とも数字を車名として採用することはなく、それぞれ、チンクエチェント(Cinquecento)、セイチェント(Seicento)というのが正式名称でした。1998~2010年まで生産されたセイチェントの総生産台数は多く、驚くべきことに132万8839台だったといわれています。かなりの生産台数だといえますが、日本に現存しているのはわずか数台だといえるでしょう。そのため、欧州では大変メジャーなクルマですが、我が国では熱心なイタリア車フリークしかその存在を知らないこともあり「迷車」という扱いにさせていただきました。
 
見るからにコンパクトなボディは、全長3337mm、全幅1508mm、全高1420mmというサイズです。搭載されているエンジンは、4気筒/1108ccです(欧州市場では900ccもラインナップ。いずれにしても600㏄ではないわけです)。参考までに記しておくと、現行型スズキ・アルトのボディサイズが全長3395mm、全幅1475mm、全高1500mmなので、軽自動車ぐらいのボディにフィアット伝統の元気なファイア系エンジンを搭載しているのですから、活発な走りを楽しめるわけです。  
 
 
今回取材したイエローのセイチェントは、ベーシックグレードではなく、スポーティ版の「スポルティング・アバルト」です。ということで、ボディの各所にアバルトの証しであるサソリのエンブレムがたくさん付いているだけでなく、走りの質も高められており、その気になればサーキットでのスポーツ走行まで楽しめる実力を有しています。
 
この表現は大袈裟なものではなく、筆者が試乗させてもらって感じたことなのですが、フィアットを運転したことがある方は、直進安定性が高く、ステアリングの手応え&ブレーキのタッチもよく、さらにサスペンションがちゃんと動いてくれるので懐の深い走行フィーリングを楽しめる……という、あの独自の走行感覚を頭の中で思い出してみてください(乗ったことがない方は頭の中でイメージしてみてください)。
 
セイチェント・スポルティング・アバルトは、それらすべてのレベルが高く、持ち前のコンパクトさを活かして街中をちょこちょこ走るのは朝飯前。クルマとしての基本性能が高いので長距離走行も大得意で、シチュエーションを問うことなく軽快に走れるので、既述したようにサーキットでのスポーツ走行まで楽しめてしまうわけです。
 
ちなみに、イタリアではセイチェントのCMに当時スクーデリア・フェラーリに在籍していたミハエル・シューマッハが起用され、フィアットのショールームにF1マシンで乗りつけたが、セイチェントに見とれているうちにF1マシンをレッカー移動されてしまうというストーリーになっていました。セイチェント・スポルティング・アバルトをベースとして、そのものスバリの「ミハエル・シューマッハ仕様」もラインナップされていたので、そのようなエピソードからもセイチェントの素性のよさを窺い知れるといえるでしょう。
 
 
本稿のテーマは「迷車を育てると名車になる!?」ということなので、そのあたりについても言及しておきますと、取材車はビルシュタインのサスペンションやアンサのマフラーが装着されていたので、すでに少しだけ育てられていました。そのため、走りの質がよかったわけですが、足とマフラーを変えるだけでも十分痛快なフィーリングを手に入れていたので、オーナーになった方がさらに育てたら、迷車が名車になることは間違いないでしょう。
 
セイチェントのベーシックグレードのインテリアは、欧州最廉価レベルの「大衆車としての味わい」を楽しめるとてもシンプルなものですが、取材車はセイチェント・スポルティング・アバルトと呼ぶに相応しい内容(アピアランス)になっており、このままでもかなりワクワクドキドキできるといえます。もちろん、センスよく育てることも可能なので、我こそは!と思った方は稀代の迷車をゲットし、養育にチャンレジしてみてください。
 
ピッコロカーズでは、Unisex Cars Market Japanという事業ドメインのもとで小型車のセレクトショップとレンタカー事業等を展開しており、デモカーや販売車(今回紹介したフィアット・セイチェント・スポルティング・アバルトも含む)もレンタル可能なので、買う前に借りてみるといいかもしれません。
 
 
プライス&店舗インフォメーション
 
■フィアット・セイチェント・スポルティング・アバルト
 
税込車両本体価格:65万円
年式:2003年
走行距離:93,000km 
車検整備付
修復歴なし
 
■販売店舗
 
Piccolo Cars(ピッコロカーズ)
 
住所:〒134-0013 東京都江戸川区江戸川5-40-13 SThome-A3
TEL:03-6808-1433
FAX:03-6808-1444
営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜日・第2日曜日 
HP:https://www.ucmj.jp/ 
Email:info@ucmj.jp
 
文&写真/車 市場 名車館 編集長:高桑秀典
 
 

2019年01月29日

実用車にもなるヤングタイマーはコレ

実用車にもなるヤングタイマーはコレ
パーツが豊富なクルマは旧くても足になる/第1回

ヤングタイマーとは?
ヤングタイマーは、初度登録から15~30年ほど経過しているクルマのことで、一番旧いモノで80年代後半に発売された国内外の車両といったイメージ。この頃に生産されたクルマといえば、デザイン性の高さや品質のよさをアドバンテージとしていました。いま見てもカッコよく、しかも実用性が高くって安価な点が特徴です。本特集では、ヤングタイマーならではといえるそれらの魅力に着目し、毎月、車 市場 名車館 編集長の筆者(高桑)が気になるヤングタイマーをピックアップ。記事をアップすることにしました。

BMW Z3とは?
BMW Z3は、E36型3シリーズの3ドアハッチバック車と共通部品が多い派生モデルで、BMWとしてはZ1以来となる2シーターオープン(=ロードスター)でした。日本に導入されたのは1997年からで、まず1.9リッター/直列4気筒エンジン搭載車(最高出力140ps)がデビュー。翌年に2.8リッター/直列6気筒エンジン搭載車のZ3ロードスター 2.8が追加設定されました。

続きを読む "実用車にもなるヤングタイマーはコレ" »

2018年12月27日

足グルマこそカッコよさにこだわりたい /第1回

 カーデザイン至上主義
足グルマこそカッコよさにこだわりたい/第1回

この世界のあらゆる事物は絶えず変化し続け、決して永遠のものではないということを意味する「諸行無常」という言葉があります。ここ数年の間にクルマを取り巻く世界も大きく変化し、大排気量エンジンを積み、高価かつハイパワーなクルマが偉いという従来からある序列や固定概念が意味をなさなくなりました。言わば価値観のリセットが進んだといえ、そのような流れの中で、本当に『自分に似合うクルマ』を求める人が多くなりました。

ファッションやメイクや髪型などと同じように、クルマも“その人に似合うモノ”はさまざま(人それぞれ)だといえ、我々「車 市場」では、幅広い層にヤングタイマー=若い自動車愛好家が気軽に買うことができる安価なネオクラシックカーの購入に関しても声高に推奨したいと思います。

ヤングタイマーは、初度登録から15~30年ほど経過しているクルマのことで、一番旧いモノで80年代後半に発売された国内外の車両といったイメージです。この頃に生産されたクルマといえば、デザイン性の高さや品質のよさをアドバンテージとしていました。簡単に説明すると、いま見ても「カッコイイ」点が特徴です。そこでヤングタイマーのスタイルのよさに大々的に着目した本特集において、車 市場 名車館 編集長の筆者(高桑)が気になるヤングタイマーを毎月ピックアップし、「カーデザイン至上主義/足グルマこそカッコよさにこだわりたい」というタイトルの記事をアップすることにしました。

続きを読む "足グルマこそカッコよさにこだわりたい /第1回" »