2018年12月10日

どちらがお宝?Jeepコンパス

今回の「お宝」都会派コンパクトSUVとして人気上昇中のJeepコンパス2台を紹介
したいと思います。ジープ厚木さんで偶然目にした赤と黒。プライスも同じ309万円、
ははあ、何処にでもあるデモカーアップ車両か~、、同じ値段で赤と黒、先に売れるのは
どちらかか?、なんて思いつつプライスボードを見て驚いた。
グレードが違うのです。黒がSPORTで走行50キロの未使用車、赤が上級LIMITEDで走行
5,000キロのデモカーだった。ほぼ新車の人気色黒と、試乗車上がり赤の上級グレード、
その差4950キロ。さて、グレードも見栄えも違う2台どちらを「お宝」と呼んで良いので
しょうか?かなり悩むこと間違いないかと、、
以下、ご覧あれ!
・黒SPORT


 ・赤リLIMITED

 

 お問い合わせ
ジープ厚木
株式会社 エー・エル・シー
神奈川県厚木市酒井3175
TEL 046-229-0505

 

 

 

 

 

 

2018年12月04日

TESLA Model S P90D 848万円 10,000km



今回の「お宝」初お目見えテスラに成ります。パソコンを相手に手に入れる厄介な電気自動車
のイメージを持つテスラ。クルマ好きを自負していますが遠い存在と云うのが正直なところ。
そんなテスラの販売を手掛ける「輸入車総合ディーラー」ROKKEYさんからTESLA
中古車事情を伺った。新車同様パソコン相手に商談を強いられる中古車購入。もう、これだけ
で嫌気が刺してしまう方も多いかと思います。それでも欲しい、話題性で取り敢えず、という
二通りのスーザ―に分かれ、生活習慣にマッチしてマイレージを伸ばす方がいる一方で、取り
敢えず買っては見たもののEVに馴染めず手放してしまう方も居られると言う。
そんな中、お値打ちと言えるのが後者のワンオーナー車がお薦めと展示車を見せて頂いた。
おお、初テスラ。綺麗なデザインは前から後ろまで破たんしていない。マセラティにも似てお
りイタリア的である。さて、販売車両2015年式テスラS P90D 上級モデルである。
俗ぽいが、新車価格1364万円 3年経過、走行10,000キロに成って848万円也。
3年間の償却516万円。裏を返せば中古車だと516万円安く手に入ると言うこと。
ご担当は、「テスラの中古車は魅力的」そして「実車を見ながらの商談を心がけている」と、
仰った。従来の輸入車とは違うステージに生息するテスラを扱うには相応の知識を身に着け
なければ成らないと思うが、、。こちらのご担当良く勉強されていると思う。

 

 

 

TESLA Model S P90D
初年度登録2015年12月 ホワイト 走行10,000キロ 車検平成30年12月
オートパイロット サンルーフ 21インチアルミ OP:リアシートコールドクライメート
パッケージ 0~100km加速3秒以下!スーパーセダンです。
車両本体価格8,480,000円

お問い合わせ
輸入車総合ディーラー
ROKKEY
株式会社 ロッキー
埼玉県さいたま市南区曲本1-18-1
TEL048-862-6411







 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年11月30日

Mercedes-Benz S400 4MATIC Coupe 998万円

今回の「お宝」メルセデスからプレミアムラグジュアリーの最高峰モデルS400クーペを
ご紹介します。世界的に販売好調なメルセデスと言われる中、全てのモデルが孝行する訳もな
いのでしょう。そんなこんな考えながら、目の前のS400クーペのドアを開けて口ずさんだ。
「ピカピカの2年生!」1年生だと1477万円、2年生になると998万円になるのです。
以下、ご覧あれ!



メルセデス・ベンツ S400 4MATIC クーペ
初年度登録2017年11月 ダイヤモンドホワイト 走行2,000キロ
V6 3,000ccモデル レザーシート スライディングルーフ ナビゲーションシステム
ETC 他、フル装備
車両本体価格 9,980,000円

お問い合わせ
メルセデス・ベンツ浜松和田
サーティファイドカーセンター
浜松ヤナセ 株式会社
静岡県浜松市東区和田町639
TEL 053-469-2553

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年11月22日

JAGUAR XJ 2.0L Luxury 698万円 3,000km



今回の「お宝」ジャガー フラッグシップXJ 2,0 ラグジュアリーデモカーが700万円を切っ
て売りに出されました。と云っても相場が下がった訳では無くジャガー・ランドローバー・ア
プルーブド足立さんのオープン1周年記念(2019年1月)先駆け特選車として提供される
もの。更に、ご成約記念としてもれなく全国厳選のホテル・宿を掲載するジャガー・ランドロ
ーバーオリジナルギフトカタログ(10万円相当)がプレゼントされる嬉しいオマケ付です。



ジャガーXJ 2.0L  ラグジュアリー
初年度登録2017年9月 ポラリスホワイト 走行3,000キロ 
車検平成32年9月 装備多数のためお問い合わせ
車両本体価格 キャンペーン特価 6,980,000円(限定1台)

お問い合わせ
ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立
株式会社 ジャガー東京
東京都足立区江北7-6-2
TEL 03-5647-0555







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年11月21日

メルセデス・ベンツ E300 アバンギャルド 178万円 走行3.6万km

 

 

最近、メルセデス・ベンツ認定中古車のなかで、特に買い得なモデルを探すとなると、これです。W212(先代Eクラス)前期型のセダン。クルマの持つ実力、そして格からみても、はっきり言って安いと思います。例えば、メルセデス・ベンツ多摩サーティファイドカーセンターで見つけた走行3.6kmE300アバンギャルドは、2010年の初度登録で、178万円のプライスボードが掲げられていました。もちろん、1年(走行無制限)の保証が付与されます。

 

さて、W212E350E550が日本での販売を開始したのは20095月のこと。3リッターV6ユニット(231ps30.6kgm)を搭載するE300は若干遅れて同年9月に上陸を果たしました。W210W211が採用していた丸形4灯のフロントデザインを刷新して、異形4灯ライトを組み合わせたシャープなデザインがW212前期型のアイコンです。全体のフォルムもエッジの効いたシャープな仕立てになっています。

 

その後、2013年のマイチェンで登場した後期型は、現行のW213に通じるLEDライトを多用したフロントグリルとなり雰囲気がガラリと変わりました。この後期型の変貌ぶりが前期型の中古車相場を押し下げているのは言うまでもありません。

 

でも、前期型のフロントマスクだって、じっくり眺めてみると、なかなか高級感がありますし、なんと言っても、エンジンの回転フィーリングと良くできたサスペンションが持つ重厚感は紛れもないメルセデスのアッパーミドルクラスセダン。乗り味に深みがあります。

 

ちなみに、この車両はアバンギャルドなので、レザーシートと17インチのアルミホイールが装着されています。狙い目です。お宝に認定します。

 

メルセデス・ベンツ E300 アバンギャルド

 

初年度登録2010年 走行3.6km

 

ダイヤモンドホワイト レザーシート シートヒーター ナビゲーションシステム フルセグTV 17インチアルミホイール バックカメラ 右ハンドル 

 

車両本体価格178万円

 

お問い合わせ

 

メルセデス・ベンツ多摩サーティファイドカーセンター

 

株式会社シュテルン世田谷

 

東京都多摩市永山6-22-4

TEL.042-338-1131

2018年11月14日

HILUX Vigo チャンプ スタンダードキャブ

今回の「お宝」日本車でありながら、日本で販売していないピックアップトラックの紹介。
タイ国で生産販売されているトヨタ ハイラックス ピックアップトラックを輸入販売する
輸入車総合ディーラーのロッキーさんよりお届けします。
ピックアップ天国タイでは乗用車感覚で街中や高速道路にも日常の景色として溶け込んでいる。
昔は日本でも見られた光景も法令やら、クルマの役割が変わり徐々に姿を消してしまった。
そして、昨年トヨタはタイ生産ハイラックスを日本導入販売を開始。バックオーダーを抱える
程の需要を証明した。一方、昨今のクルマと云えば世界市場を意識したデザイン、同一サプラ
イヤーからの部品によって組み立てられる個性の薄いクルマになってしまった?そして、それ
らを選ぶ時何を基準にするのだろうか?それは購入条件でしか無いと思う。
人を見たら「安くするから買って」と言われて、はい、と答えますか?ここ日本では「道産」
で有りながら「不動産」として扱われて来たクルマ。
急な出費の時「クルマ売るわ」なんて云ったのは昔の話。クルマが溢れだしている現状では
買い叩かれるだけ。クルマは損をするのは常識です。それなら、愉しいクルマに乗ろう!
と申し上げたい。SUVの次、多目的ピックアップトラックは愉しそうです。

続きを読む "HILUX Vigo チャンプ スタンダードキャブ" »

2018年11月13日

Mercedes-Benz G350d 1018万円 3,000km

今回の「お宝」新型と併売される旧型ゲレンデワーゲンディーゼルモデルを紹介。
実は、ゲレンデワーゲンディーゼルモデルが8月以降密かに売れています。ディーゼル排ガス
問題による新車出荷が遅れ、新車が無い状態が続いているため中古車(デモカー)の需要が
逼迫。それにより相場も930万円位に落ち着いていたものが、今では1060万円前後まで
上昇している状態です。さて、そんな状況下で見つけましたG350d!人気カラーブラック
のデモカー。新車は欲しくても無いG350d、最安値?で、早い者勝ちです。お急ぎあれ!

続きを読む "Mercedes-Benz G350d 1018万円 3,000km" »

2018年11月06日

そろそろ如何でしょう!



小さくてもSクラス並みの安全性を持つメルセデス製スマート。
2人乗りのフォーツー、4人乗りのフォーフォーの2モデルがあります。
ベテランから初心者まで安全に乗れるメルセデス渾身のシティカー。
そろそろ如何でしょう? 大分値ごろ感が出てきてます。
スマート専用展示場が出来ました。

2人乗りのフォーツー

4人乗りのフォーフォー

お問い合わせ
メルセデス・ベンツ西東京
サーティファイドカーセンター
宮園輸入車販売株式会社
東京都西東京市富士町3-4-22
TEL 042-451-5655

 


 

2018年10月31日

プジョー RCZ Rファイナルバージョン 425万円 走行1.4万km

 

プジョー製スペシャリティクーペといえばこの「RCZ」です。2009年のフランクフルトショーで発表され、翌年には日本にも導入、2012年にフロントマスクのデザインを刷新するマイチェンが実施されています。

プラットフォームのベースになっているのは308ですから、つまりFFです。フロントに直4ターボを搭載、6ATは右ハンドルで156psユニット、6MTは左ハンドルで200psユニット、さらに限定車の「R」は270psユニット。一応、後席も装着されていますから4座となります

さて、プジョー静岡で見つけたこのRCZは、一見して硬派な仕様になっていることが分かりますが、これは20159月の「R」生産終了に合わせて仕立てられた特別仕様の「RCZ Rファイナルバージョン」。30台限定で販売された非常に珍しいRCZです。270psエンジン、6MT、左ハンドル、専用チューニングのサスペンションやブレーキ、LSD、そしてカーボンルーフを装着。けっこう、やる気にさせる仕様となっています。

今後、おそらく流通することがない希少車で、しかも正規ディーラーの認定中古車となると、もうこの車両がラストかもしれません。お宝に認定します。 

 

プジョー RCZ Rファイナルバージョン

初年度登録2015年 オパール・ホワイト(ソリッド) 走行1.4万キロ

専用シート 19インチアルミホイール ナビゲーションシステム フルセグTV ETC 左ハンドル 6MT

車両本体価格425万円

お問い合わせ

プジョー静岡

株式会社エー・エル・シー

静岡県駿河区中田4-3-21

TEL.054-289-1212

 

2018年10月23日

アルファロメオ ステルヴィオ ファーストエディション 649万円 走行1,000km

 

 

アルファロメオが名門復活をかけて市場に放った第1弾がミドルクラスセダンの「ジュリア」でした。そして、アルファ初のSUV「ステルヴィオ」が第2弾となります。「発表されるぞ」「そろそろ来るぞ」と噂されながらずいぶん待たされた気もしますが、上陸を果たしたのは、20186月のこと。まず先行発売されたのが特別仕様車のファーストエディションです。

 

 

実は、早くもこの特別仕様車が認定中古車として登場しました。販売しているディーラーは「アルファロメオ沼津」、走行1,000kmで、649万円のプライスタグが付けられています。ステルヴィオ ファーストエディションは、全長4690×全幅1905×全高1680mm280馬力を発揮する2リッター直4ターボエンジンを搭載8ATを介して4輪を駆動します。メーカー発表の0-100km/h加速はなんと5.7秒。間違いなく速いSUVです。

 

 

ちなみに、ステルヴィオの名は、48のヘアピンカーブを持つことで知られる北イタリアのステルヴィオ峠に由来しているそうです。アルファが峠の名を付けたことからも分かるように、このSUVは「直線番長」ではありません。ドライビングのハイライトはコーナリングにあると思っていいでしょう。スポーツカー顔負けのハンドリングとアクセルレスポンス、旋回中のロール角はクラス最小とアナウンスされています。まさに、この「ハンドリングマシン」的なキャラクターこそが開発チームのテーマだったのでしょう。

 

 

さて、ファーストエディションは400台限定の特別仕様で、20インチの5ツインスポークアロイホイールやレッド仕上げのブレーキキャリパー、プレミアムレザーシート、ウッドパネルなどを標準装備します。約5か月前にリリースされたばかりのニューモデルですから、新車より若干安いくらいのプライスになりますが、貴重な限定車、オプション装備、またすぐに乗れることなどを考慮して「お宝」に認定します。

 

 

アルファロメオ ステルヴィオ ファーストエディション

初年度登録20186月 走行1,000キロ 外装色:ストロンボリグレー 内装色:レッド プレミアムレザーシート ウッドパネル 20インチアルミホイール アップルカープレイ対応オーディオ 追従型クルーズコントロール バックモニター AT 右ハンドル 4WD 車両本体価格649万円

 

お問い合わせ

アルファ ロメオ沼津

株式会社エー・エル・シー

静岡県沼津市西沢田281-1

 

TEL. 055-926-2401